国際

米ロ軍備管理の重要性強調 NPT準備委議長が勧告案

 NPT再検討会議の第3回準備委員会で、議事進行するサイード議長=3日、米ニューヨークの国連本部(共同)

 【ニューヨーク共同】2020年の核拡散防止条約(NPT)再検討会議の論点を整理する第3回準備委員会で、サイード議長(マレーシア)は3日、再検討会議に向けた勧告案を各国に配布した。米ロの中距離核戦力(INF)廃棄条約の失効が8月に迫る中、両国間の軍備管理体制を維持する重要性を強調し、核兵器禁止条約を多くの国が支持していると明記した。

 勧告は再検討会議での議論の「たたき台」となる。各国は週明け以降、勧告案を協議するが、意見の隔たりは大きく、難航が予想される。過去の準備委で勧告案が採択されたことはない。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス