国際

米、イラン原発に制裁 拡張やウラン濃縮禁じる

 【ワシントン共同】米国務省は3日、イラン南部のブシェール原発について「原子炉の拡張を手助けすれば制裁対象に追加する」との声明を発表し、外国企業に対しイランに協力しないよう求めた。4日から適用するとしている。

 ブシェール原発では、ロシア企業が支援して原子炉を新設する計画があり、イランの反発は必至とみられる。

 オルタガス国務省報道官は声明で、濃縮ウランをイラン国外に搬出する行為にも制裁を科すと表明。「米国は濃縮継続を手助けする行為を受け入れない」と警告した。事実上、イランによるウラン濃縮を停止に追い込む措置とみられる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス