国際

アフガン国民大会議が停戦求める タリバンは拒否声明

 アフガニスタン・カブールで開かれた国民大会議で、閉会のあいさつをするガニ大統領=3日(共同)

 【イスラマバード共同】アフガニスタンの首都カブールで開かれていた同国の伝統的な最高意思決定機関ロヤ・ジルガ(国民大会議)は3日、政府と反政府武装勢力タリバンに停戦を求める声明を発表し閉幕した。

 これに対し、タリバンは停戦を拒否する声明を出した。

 閉幕式でガニ大統領は、タリバンに6日ごろから始まるラマダン(イスラム教の断食月)に合わせた停戦を呼び掛けた。拘束中のタリバン戦闘員175人を解放する意向も表明した。

 会議はタリバンとの和平に向けた政府の方針を議論するため4月29日に始まり、3千人以上が出席。政権ナンバー2のアブドラ行政長官や野党は参加しなかった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス