社会

大島空港でオーバーラン 5人けがなし、滑走路閉鎖

 4日午前10時10分ごろ、東京・伊豆大島の大島空港に着陸した小型プロペラ機が滑走路をオーバーランした。乗っていた男女5人にけがはない。機体は滑走路延長上の緑地帯で止まって動けなくなり、大島空港は滑走路が閉鎖された。

 国土交通省は同日、事故につながりかねない重大インシデントに認定。運輸安全委員会が航空事故調査官2人を指名した。5日に船で現地に向かい、機体の調査を始める見通し。

 国交省によると、小型機は単発プロペラ機パイパーPA46―350P型で、大阪府の八尾空港を午前8時50分ごろ離陸。大島空港まで約1時間50分の飛行計画を提出していた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス