経済

ネット取引でルール交渉へ WTO有志国、米中対立も

 【ジュネーブ共同】インターネットをはじめとしたネットワーク上で売買などを行う電子商取引(EC)のルール策定に向け、日米中などが参加する世界貿易機関(WTO)の有志国が今月中旬に本格交渉入りすることが4日、分かった。複数の通商筋が明らかにした。来年の妥結を目指すが、準備協議の段階で米中の対立が鮮明になるなど交渉は難航しそうだ。

 共同議長として“旗振り役”を務める日本は、6月に茨城県つくば市で開く20カ国・地域(G20)の貿易・デジタル経済担当相会合でもECを議題とし、交渉進展を目指す方針だ。


(共同通信)