国際

中国、若者の思想統制を強化 「五・四運動」から100年で

 「五・四運動」から100年を記念した展覧会の会場付近で警備する治安関係者(右から2人目)=4日、北京(共同)

 【北京共同】中国の若者らが日本など列強の侵略に反対した1919年の愛国主義運動「五・四運動」から100年を迎えた4日、習近平指導部は学生らに共産党への忠誠を求めるキャンペーンを展開した。当局が学生らの民主化運動を武力弾圧した天安門事件から6月で30年を迎えることも念頭に、若者への思想統制を強化し、体制批判を封じ込める狙いだ。

 「断固として共産党の指導を守ります」。五・四運動で学生たちがデモを始めた北京大の旧校舎「北京大学紅楼」では4日、多くの若い男女が党の青年組織に参加する際の誓いの言葉を音読した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス