国際

ガザ、幼児と妊婦含む12人死亡 イスラエル軍、攻撃を継続

 4日、パレスチナ自治区ガザで、損壊した建物の被害状況を調べる住民ら(AP=共同)

 【エルサレム共同】パレスチナ自治区ガザの保健当局は5日、4日から続くイスラエル軍の攻撃で、1歳の女児と妊娠中のおば(37)を含むパレスチナ人12人が死亡したと明らかにした。負傷者は90人超。イスラエル当局は5日、中部アシュケロンなどで、ガザから発射されたロケット弾の破片が当たるなどして3人が死亡、複数が負傷したと発表した。

 イスラエル軍報道官によると4~5日、ガザから600発以上のロケット弾が発射され、軍はガザを実効支配するイスラム組織ハマスの関連施設約260カ所を攻撃した。さらなる報復の連鎖が懸念される。エジプトが停戦に向けた仲介を続けている。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス