スポーツ

ソフトB・上林、右手の剥離骨折 登録抹消はしない方針

 ソフトバンクは6日、上林が福岡市内の病院でコンピューター断層撮影装置(CT)検査を受けた結果、「右第4中手骨掌側剥離骨折」と診断されたと発表した。

 4月17日のロッテ戦の死球により痛めた右手甲の回復が思わしくなく、今月3日から先発を外れ、6日のオリックス戦は欠場した。登録抹消はしない方針といい、今後の練習や試合の出場は患部の状態を見て判断する。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス