国際

台湾総統選へ鴻海会長が会見 「経済を発展させる」

 6日、台北市内での記者会見で、トランプ米大統領のサイン入りの新聞記事を見せる郭台銘氏(共同)

 【台北共同】台湾で来年1月の総統選へ向け最大野党、国民党の公認候補を決める予備選への参加を表明した鴻海精密工業の郭台銘会長(68)は6日、台北市内で記者会見し、米中貿易摩擦が激化するはざまで台湾にチャンスが生じていると指摘、総統になって台湾経済を発展させたいと訴えた。

 1日に米ホワイトハウスでトランプ大統領と会談した郭氏は「(大統領と)直接のパイプがある」と明言。中国とだけでなく米国との間でも「ピースメーカー(平和の担い手)になる」と誇示した。


(共同通信)