政治

枝野氏「党首討論より集中審議」 後半国会巡り要求

 立憲民主党の枝野幸男代表は6日、後半国会を巡り、党首討論よりも衆参両院の予算委員会集中審議を開くよう改めて求めた。「国会として行政監視機能を果たすには、予算委集中審議を充実させることが何より必要だ」と述べた。那覇市内で記者団の質問に答えた。

 党首討論に関しては「党首が党の目指す社会像を示し、ぶつけ合うことが基本だ。行政監視の役割を果たすにはあまりに短すぎる」と説明した。

 野党は先月、現行45分間の党首討論の時間を延ばすための協議を与党に申し入れた。


(共同通信)