政治

島根県・丸山達也新知事が初登庁 44年ぶり保守分裂選で当選

 島根県庁で記者会見する丸山達也知事=7日午前

 44年ぶりの保守分裂選挙となった島根県知事選を制した元総務省消防庁室長の丸山達也氏(49)が7日、島根県庁に知事として初登庁した。任期は4月30日からの4年間。丸山氏は「最大の課題である人口減少に歯止めをかけるよう全力で取り組む」と抱負を語った。

 福岡県広川町出身で、1992年に旧自治省(現総務省)に入省。2013年から3年間、島根県に出向し環境生活部長や政策企画局長を務めた。18年12月総務省を退職した。

 4月7日に投開票された知事選で自民党の中堅若手県議らの支援を受け、党が推薦した元消防庁次長の大庭誠司氏(59)ら新人3人を破って初当選を果たした。


(共同通信)