経済

スーパーいなげやで不正取引 仕入れで従業員、社長報酬減額

 「いなげや」の看板

 東京や神奈川など首都圏でスーパーを展開するいなげやは7日、商品の仕入れに関して従業員による不正取引があったとする特別調査委員会の調査結果を発表した。株主や投資家への責任を明確にするために成瀬直人社長の役員報酬を2月から3カ月間、30%減額した。

 いなげやによると、2015年4月~18年11月の間、複数の従業員が商品を正常よりも高値で仕入れ、計上時期をずらして仕入れ先に金銭を還元したり、一部を不正に流用したりする取引を行うなどしたという。

 不正を行った従業員2人を懲戒解雇、1人を懲戒処分とした。在庫の数が合わなくなるなどして発覚し、委員会が調べていた。


(共同通信)