経済

東芝、日産に電池を初供給 新型軽自動車向け

 東芝は7日、日産自動車と三菱自動車が共同開発した新型軽自動車にリチウムイオン電池が採用されたと発表した。東芝が日産に車載用電池を供給するのは初めて。

 新型車は日産が「デイズ」、三菱自が「ekワゴン」などとして販売している。東芝の電池は長寿命で、充電時間が短いのが特長。これまでスズキと三菱自に納入していた。

 東芝は自動車メーカーへの供給拡大を目指しており、現在の生産拠点である柏崎工場(新潟県柏崎市)に加え、2020年に横浜事業所(横浜市)内で新工場を稼働させる。インドでもスズキ、デンソーと共同で工場を設ける計画だ。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス