国際

米国務長官、ロ大統領と会談も 14日の外相会談に合わせ

 【モスクワ共同】ロシアのペスコフ大統領報道官は7日、プーチン大統領が14日に同国南部ソチでポンペオ米国務長官と会談する可能性があると明らかにした。ポンペオ氏とラブロフ外相が同日、ソチで会談するのに合わせて計画されているという。インタファクス通信などが報じた。

 ポンペオ氏とラブロフ氏は6日にフィンランドで昨年7月以来の会談を行ったばかり。プーチン氏も3日にトランプ米大統領と電話会談を行うなど5月に入って米ロの接触が活発化している。

 米ロの会談ではベネズエラやシリア、朝鮮半島情勢、核軍縮問題などが協議テーマになるとみられる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス