経済

ポルシェに罰金660億円 独当局、排ガス問題で

 【ベルリン共同】ドイツ検察当局は7日、ディーゼルエンジン車の排ガス規制逃れ問題を巡り、同国自動車大手フォルクスワーゲン(VW)傘下の高級スポーツカーメーカー、ポルシェに罰金5億3500万ユーロ(約660億円)を科したと発表した。ポルシェは罰金を支払う考えを示した。

 検察は、ポルシェが排ガス規制を逸脱したVW傘下アウディのディーゼルエンジンを採用していたが、十分な検査などを怠ったと指摘した。

 ドイツ運輸省は2017年、ポルシェのディーゼルエンジン車に排ガス規制逃れのための違法なソフトウエアを搭載されている疑いがあるとして、関係機関に調査を指示した。


(共同通信)