経済

NY株、一時330ドル超安 米中摩擦激化に警戒感

 【ニューヨーク共同】7日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、米中貿易摩擦の激化に対する警戒感が引き続き投資心理を悪化させて、前日からの下げ幅が一時330ドルを超えた。

 午前10時現在は前日比257・41ドル安の2万6181・07ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は69・01ポイント安の8054・28。

 トランプ米政権が中国からの輸入品への追加関税率を引き上げる方針を表明。中国は協議を継続する意向だが、両国が合意に至るかは不透明だとして、幅広い銘柄が売られた。


(共同通信)