経済

日銀、金融緩和維持の発信に苦心 3月政策決定会合の議事要旨

 日銀本店=東京都中央区

 日銀が8日公開した3月14、15日の金融政策決定会合の議事要旨で、強力な金融緩和策を続けているとの情報発信に苦心している様子が明らかになった。米欧の中央銀行が緩和方向に政策のかじを切る中で、日銀の政策据え置きを市場がどう受け止めるか警戒したとみられる。

 ある委員からは、強力な金融緩和を息長く続ける姿勢を示し「市場に対し、他の中銀と方向性が変わらないことをしっかりと伝えていくことが大事だ」と指摘する声が出た。別の委員は、物価上昇の勢いが失われる懸念が出た際は追加緩和を行うことを強調し「一部で指摘される緩和限界論には明確に反論すべきだ」と述べた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス