くらし

「静岡ホビーショー」が開幕 小中高生5200人を初招待

 国内最大級の模型見本市「第58回静岡ホビーショー」の会場=8日午前、静岡市駿河区

 国内最大級のプラモデルなどの模型見本市で、玩具メーカーや業界団体が新製品を展示する「第58回静岡ホビーショー」が8日、静岡市駿河区の展示施設で開幕した。84社、3団体が出展。プラモデルに触れる機会を増やそうと、初めて静岡県内の小中高校生約5200人を招待した。

 青島文化教材社(同市)は塗装や接着剤を使わずに少ない手順で制作できる「楽プラ」を紹介。タミヤ(同市)のブースでは、若者に人気のミニ四駆やお菓子の模型を無料で制作できる。

 主催の静岡模型教材協同組合によると、近年はプラモデル愛好家の高齢化がみられ、昨年も来場者の7割以上が30~50代という。


(共同通信)