社会

リニアの工事中止求め提訴、山梨 南アルプス市の沿線住民ら

 提訴のため甲府地裁に入る原告ら=8日午後、甲府市

 2027年開業予定のリニア中央新幹線が通る山梨県南アルプス市の沿線住民らが8日、騒音や日照などの問題を巡る説明や補償が不十分だとして、JR東海に工事の差し止めや慰謝料を求めて甲府地裁に提訴した。

 訴状によると、原告は建設予定の線路から約30メートル以内に土地や建物を持つ住民8人。建設に伴う環境悪化を「財産権と人格権の侵害」と主張し、市内約5キロの区間で工事差し止めを請求。建設前から資産価値が低下し、精神的苦痛も生じているとして1人当たり100万円の慰謝料を求めた。

 原告らは昨年4月に民事調停を申し立てたが、JR東海と折り合わず昨年8月に不成立となった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス