芸能・文化

黒人侍の物語、米で映画化へ C・ボーズマンさん主演

 米ラスベガスでの映画イベントに参加した俳優チャドウィック・ボーズマンさん=4月2日(UPI=共同)

 【ロサンゼルス共同】16世紀の日本で織田信長の家臣となった黒人の侍として知られる「弥助」の物語が、黒人俳優チャドウィック・ボーズマンさん主演で映画化されることが7日までに決まった。米芸能メディア「デッドライン」などが伝えた。公開時期などは未定。

 弥助の生涯は謎が多いが、アフリカ南部モザンビークで生まれ、イエズス会宣教師の奴隷として日本に来たとされる。ボーズマンさんは「単なるアクション映画ではなく、異文化交流を描いた作品だ」と述べた。

 ボーズマンさんは大ヒットしたSFアクション映画「アベンジャーズ エンドゲーム」や「ブラックパンサー」で注目を集めた実力派。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス