経済

IHI、20年3月期減益に 不正の正常化に時間も

 記者会見するIHIの満岡次郎社長=8日午後、東京都江東区

 看板の航空機エンジン部門で検査不正が相次ぎ発覚したIHIは8日、2020年3月期の連結売上高が前期比5・6%減の1兆4千億円、純利益が12・3%減の350億円の減収減益となる見通しだと発表した。自主的に停止している航空機エンジンの整備事業の正常化に時間がかかることも想定。「リスクとして考慮している」とした。

 同社は10日にも国土交通省に改善報告書を提出する。

 満岡次郎社長は東京都内で記者会見し、不正の背景として「経営層と中間管理職、現場の間に大きなギャップができていた」と指摘した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス