スポーツ

サッカー、広島が首位で決勝Tへ ACL、鹿島は敗れる

 広島―広州恒大 前半、先制喜ぶ広島イレブン=Eスタ

 【ジョホールバル(マレーシア)共同】サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は8日、各地で1次リーグ第5戦が行われ、F組の広島はホームで広州恒大(中国)に1―0で競り勝ち、勝ち点12の同組1位で決勝トーナメント進出を決めた。前半の佐々木の得点で逃げ切った。

 2連覇を狙うE組の鹿島はアウェーでジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)に0―1で敗れ、勝ち点7で2位のまま1次リーグ最終戦に突破が懸かる。

 4チームで争う1次リーグは各組2位までが決勝トーナメントに進む。最終戦は21、22日に行われる。


(共同通信)