国際

初の大統領特権で開示拒否へ トランプ氏、ロシア疑惑報告書

 バー米司法長官(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米ホワイトハウスは8日、ロシア疑惑捜査報告書の全面開示をバー司法長官に求めた下院司法委員会の召喚状に対し、トランプ大統領が大統領特権を行使して拒否する方針を表明した。米主要紙によると、トランプ氏が大統領特権を行使するのは初めて。下院司法委は8日、バー氏が全面開示に応じないのは議会侮辱罪に当たると非難する決議案を多数派の民主党の支持で可決。政権と民主党の対立が激化している。

 サンダース大統領報道官は声明でナドラー司法委員長(民主党)を非難し「違法で思慮を欠く要求」を拒むため「大統領特権を使うほか選択肢はない」とした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス