国際

次期NPT議長を選出 アルゼンチンのグロッシ氏

 2020年のNPT再検討会議の議長に選出された、アルゼンチンのラファエル・グロッシ氏=8日、米ニューヨークの国連本部(共同)

 【ニューヨーク共同】2020年の核拡散防止条約(NPT)再検討会議に向け米ニューヨークで開催中の第3回準備委員会は8日、同会議の議長に在ウィーン国際機関アルゼンチン政府代表部のラファエル・グロッシ大使(58)を選出することを全会一致で決定した。アルゼンチンが所属する非同盟諸国(NAM)が年内に最終決定する。

 会議の約1年前という早い段階での選出は、来年で発効50年を迎えるNPTの体制強化へ、数少ない「前向きな成果」(日本外務省関係者)だ。

 再検討会議議長はNAMメンバー国から選出する慣例。関係者によると、議長選出が遅れるとの観測も出ていた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス