国際

トランプ大統領の自伝発行中止を ゴーストライターが本音

 トランプ氏自伝の共著者トニー・シュワルツ氏=2016年10月

 【ワシントン共同】トランプ米大統領のベストセラー「トランプ自伝―不動産王にビジネスを学ぶ」について、ゴーストライターを名乗るトニー・シュワルツ氏は8日、「出版社が発行を中止するか、フィクションとして分類し直されるなら良いことだ」とツイッターに本音をつづった。

 1987年に出版された自伝はトランプ氏をビジネスの成功者と描いたが、ニューヨーク・タイムズ紙は8日、トランプ氏が10年間に11億7千万ドル(約1290億円)の赤字を出していたと報道。シュワルツ氏は「彼は確かにひどいビジネスマンだった。損失を申告して税金をごまかしたのかもしれない」とした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス