国際

ロ大統領、国際協調の重要性強調 対独戦勝74年、軍事パレードも

 軍事パレードで披露された多弾頭の新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)ヤルス=9日、モスクワ(タス=共同)

 【モスクワ共同】ロシアの首都モスクワ中心部の赤の広場で9日、第2次大戦の対ドイツ戦勝74周年を祝う式典が行われた。プーチン大統領は演説で「効果的かつ公平な安全システムをつくる責任の自覚を全ての国に呼び掛ける」と述べ、テロや過激主義に対する国際協調の重要性を強調した。

 恒例の軍事パレードでは将兵ら1万3千人以上が参加。多弾頭の新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)ヤルスや地対空ミサイル「S400」など130両以上の車両が披露された。天候不良で戦闘機など70機以上の飛行は中止となり、初登場の兵器は空挺部隊員らが携行した最新自動小銃AK12にとどまった。


(共同通信)