経済

米、対中赤字5年ぶり低水準 3月、対日は11%増

 【ワシントン共同】米商務省が9日発表した3月のモノの貿易収支(通関ベース)によると、中国に対する赤字は前月比16・2%減の207億4900万ドル(約2兆3千億円)だった。対中赤字額は2014年3月以来、5年ぶりの低水準。対日赤字は11・3%増の66億900万ドル。貿易相手国別では、中国、メキシコに次ぐ3位だった。

 中国との収支では、輸入が減り、赤字減少の要因となった。トランプ米政権が中国からの輸入品に課している追加関税が影響しているとみられる。一方で輸出は増えた。米国は追加関税の税率を引き上げる予定で、実施すれば中国からの輸入は一段と減少しそうだ。


(共同通信)