経済

G20農相会合11日新潟で開幕 日本、規制緩和を要望へ

 20カ国・地域(G20)農相会合が11日、新潟市で開幕する。12日までの日程で、拡大する食料需要への対応などを議論し、日本は東京電力福島第1原発事故を要因とする食品輸入の規制緩和も訴える。閉幕後に閣僚宣言を発表。6月の大阪市でのG20首脳会合に合わせて開催される関係閣僚会合の第1弾で、日本が議論を主導できるかに注目が集まりそうだ。

 農相会合では農業の生産性を上げるために最新技術の農業「スマート農業」の活用や食品ロスを削減するための効率的な流通体制の構築などを議論する。

 吉川貴盛農相はパーデュー米農務長官や、中国や韓国の代表らと2国間会談も行う。


(共同通信)