経済

東証、令和相場4日で913円安 米関税発動で乱高下

 日経平均株価の終値を表示するモニター=10日午後、東京・日本橋茅場町

 10日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は5営業日続落した。米国が日本時間午後1時1分に対中関税引き上げの制裁措置の発動に踏み切ったことで投資家の不安がかき立てられ、乱高下の展開となった。10連休明けの令和相場は、米中貿易摩擦の激化を警戒して7日から10日まで売られ続け、4日間で計913円下げた。

 10日終値は前日比57円21銭安の2万1344円92銭で、約1カ月半ぶりの安値を付けた。東証株価指数(TOPIX)は1・29ポイント安の1549・42。出来高は約17億4千万株だった。


(共同通信)