経済

レオパレス社長の辞任発表 施工不良問題で引責

 辞任を発表し、記者会見で陳謝するレオパレス21の深山英世社長。左は宮尾文也取締役常務執行役員=10日午後、東京都中央区

 賃貸アパート大手レオパレス21は10日、物件の施工不良問題と業績悪化の責任を取り、深山英世社長(61)が30日付で辞任し、後任に宮尾文也取締役常務執行役員(59)を昇格させる人事を発表した。深山氏は東京都内で記者会見し「一定のけじめをつけ、責任を果たす意味で社長を辞任する」と陳謝。将来の社長復帰は否定した。

 同時に公表した2019年3月期連結決算は、純損益が前期の148億円の黒字から686億円の赤字に転落した。施工不良物件の補修費用を特別損失に追加計上したことが響いた。


(共同通信)