くらし

高校生が動画でPR、観光甲子園 国内、海外部門で募集

 高校生が訪日外国人観光客に地元の魅力を売り込む「全国高等学校グローバル観光コンテスト2019(観光甲子園)」の募集が始まった。昨年までは企画のプレゼンテーションだったが、今年から3分間の動画作品で競い、PRする。

 国内と海外の2部門があり、海外部門は予選を通過した5組がハワイに派遣され「ハワイ島の次世代観光」について動画を作成。国内部門の50組と共に来年1月に神戸市で決勝大会に臨み、グランプリチームが選出される。

 観光の専門家を養成している一般社団法人「NEXT TOURISM」(神戸市)の主催。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス