政治

中西氏、令和考案を事実上認める 「万葉集が良い」

 中西進・大阪女子大元学長

 新元号「令和」の考案者とみられている中西進大阪女子大元学長は10日発売の月刊誌「文芸春秋」で「典拠としては国書である万葉集が良いと考えた。令に勝る文字はないと中西という人は思っていた」と明かした。元号案作成に当たり、政府側から条件を提示されていたとも言及し、事実上考案者だと認めた。

 中西氏は、令は「麗しい」、和は「平和」と「大和」を表現していると説明。「令和は『麗しき平和をもつ日本』という意味だ。麗しく品格を持ち、価値をおのずから万国に認められる日本になってほしいとの願いが込められている」と解説した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス