経済

英GDP、0・5%増 離脱準備で、2期ぶり水準

 【ロンドン共同】英統計局が10日発表した2019年1~3月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は前期比0・5%増だった。18年7~9月期以来、2四半期ぶりの高水準となった。

 当初3月末の予定だった英国の欧州連合(EU)離脱を巡り、物流が混乱する事態に備え、企業が製品在庫を積み上げるために増産したことなどが寄与した。

 英中央銀行イングランド銀行は5月初めに公表した経済見通しで、19年の実質GDP成長率の予測を前年比1・5%とし、2月の前回予想から0・3ポイント上方修正した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス