経済

3月期決算ピーク、465社発表 東証、企業関係者で混雑

 上場企業の2019年3月期決算発表がピークを迎え、報道機関向けに資料を投函(とうかん)する担当者=10日午後、東京・日本橋兜町の東京証券取引所

 上場企業の2019年3月期決算の発表がピークを迎えた東京証券取引所(東京都中央区)では10日、持参した資料を次々と配布する企業の関係者らで混雑した。東証によると、この日は午後5時時点で全体の約20%に当たる465社が開示した。

 「集中日を避けた対応を企業側にお願いした」(東証)こともあり、異例の10連休があったが例年と比べても混雑の度合いは低かった。

 東証を訪れる担当者は昼すぎから徐々に増え、午後3時には資料の投げ込みの長い列ができた。配布場所のそばでは決算の説明会があちこちで開かれた。


(共同通信)