スポーツ

ロコ・ソラーレが2勝2敗 カーリングのW杯

 カーリングのワールドカップ(W杯)グランドファイナルは10日、北京で1次リーグが行われ、女子A組で平昌冬季五輪銅メダルのロコ・ソラーレの日本は中国を6―5で下し、カナダには6―7で敗れた。通算2勝2敗の勝ち点7で2位。

 中国戦は同点で迎えた最終エンドに1点を奪った。カナダ戦は延長の代わりに行われるシュートアウトで屈したが、勝ち点1を加えた。

 シュートアウトは両チーム各1選手が1投ずつ行い、円心に近い方が勝つ新ルール。(共同)


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス