スポーツ

元貴乃花親方が道場の法人設立へ 相撲道通じ青少年の育成目指す

 花田光司氏

 昨年10月に日本相撲協会を退職した元貴乃花親方(元横綱)の花田光司氏(46)が10日、所属事務所のホームページで「一般社団法人貴乃花道場」の設立を申請したことを発表した。

 相撲道を通じた青少年の育成や、世界の人々の充実した人生に寄与することなどを目的としている。詳細については19日に花田氏が東京都内で記者会見し発表する。

 元貴乃花親方は、弟子だった元幕内貴ノ岩に対する元横綱日馬富士の傷害事件を巡り、内閣府に提出した告発状(後に取り下げ)が、事実無根の理由に基づいたものと認めるよう協会役員から要請されたなどと主張し退職。社団法人設立の準備を進めていた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス