国際

スパイ罪で日本人に懲役5年6月 中国で判決、60代男性

 【北京共同】中国遼寧省大連市の中級人民法院(地裁)は10日、スパイ罪に問われた60代の日本人男性に懲役5年6月と個人財産20万元(約320万円)没収の判決を言い渡した。日中関係筋が明らかにした。

 中国では2015年以降、スパイ行為に関わったなどとして少なくとも日本人9人が起訴されており、判決が出たのは今回で5人目。

 日中関係筋によると、具体的にどのような行為がスパイ罪と認定されたのかは不明。同筋は「司法手続きはまだ進行中」としており、男性は上訴する方針とみられる。

 男性は四国の会社代表。17年、スパイ行為に関わった疑いがあるとして遼寧省内で拘束された。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス