国際

米財務省、ベネズエラ制裁拡大 防衛、情報部門も対象

 【ワシントン共同】米財務省は10日、南米ベネズエラへの制裁を拡大し、防衛、情報部門も適用対象にすると発表した。さらにベネズエラからキューバに石油を運んだとして、西アフリカのリベリアなどの海運会社2社と所有するタンカー2隻を制裁対象に指定した。

 トランプ米政権は、キューバの軍や情報機関がベネズエラの反米左翼マドゥロ政権の延命を手助けしていると非難している。今回の措置にはキューバとベネズエラの協力関係を弱める狙いもありそうだ。

 ムニューシン米財務長官は声明で「キューバが石油と引き換えにベネズエラへの軍事支援を続けるなら、さらなる行動を取る」と警告した。


(共同通信)