経済

米、全輸入品に追加関税を検討 中国反発必至、対立深刻化

 10日、米ワシントンで閣僚級貿易協議に臨む、中国の劉鶴副首相(左から2人目)とムニューシン米財務長官(同3人目)、ライトハイザー米通商代表(右端)(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米通商代表部(USTR)は10日、中国からの輸入品約3千億ドル(約33兆円)分に追加関税を課す手続きに入ると発表した。米政権は10日未明に2千億ドルに課す追加関税率を引き上げる措置を発動したばかりで、実行すれば中国からの全輸入品が追加関税の対象になる。なりふり構わぬ強硬措置に出て、中国に構造改革を迫る姿勢を鮮明にした。中国の反発は必至で、対立はさらに深刻化しそうだ。

 USTRは「トランプ大統領が残りの中国からの輸入品の税率を上げるよう指示した」と明らかにした。13日に手続きの詳細を公表する。


(共同通信)