社会

福島の運動会で突風、12人けが 鏡石町、テント飛ばされる

 11日午後0時40分ごろ、福島県鏡石町の町立第一小で運動会中に突風が吹いてテントが飛ばされ、児童らに当たった。須賀川署や地元消防によると、児童11人と保護者の男性1人が負傷したが、いずれも軽傷で命に別条はないという。

 テントは日焼け防止用として校庭に10張り設置されていた。突風が吹いた際、児童は休憩時間中だった。同署は詳しい状況を調べている。

 福島地方気象台によると当時、鏡石町周辺に強風などの注意報は出ていなかった。県内各地は25度以上の夏日で、強い日差しにより地上の空気が暖められ、局地的に上昇気流が発生し、強風が吹いた可能性があるという。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス