スポーツ

新大関貴景「次の番付を目指す」 母校で化粧まわし贈呈式

 母校の埼玉栄高から化粧まわしを贈呈された貴景勝=11日、さいたま市

 大相撲の新大関貴景勝が11日、さいたま市にある母校の埼玉栄高での化粧まわし贈呈式に臨んだ。高貴な色とされ、慣例で大関以上の着用が許される紫色を基調としたデザイン。校訓の「今日学べ」も記され「素晴らしい化粧まわしをいただいた。新鮮な気持ちで次の番付を目指したい」と横綱昇進を誓った。

 貴景勝は自らが希望した色に「大関以上が着けられる色でずっと夢だった。これに恥じない相撲を取りたい」と決意を込めた。夏場所(12日初日・両国国技館)で使用する予定。

 恩師で相撲部の山田道紀監督は「プレッシャーはのしかかると思う。今できることはいい相撲を取ることだけだ」とエール。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス