スポーツ

ボートW杯、山領・上田組決勝へ 男子シングルスカル新井8位

 ボートのワールドカップ(W杯)は11日、ブルガリアのプロブディフで行われ、女子軽量級ダブルスカルの敗者復活戦で山領夏実(デンソー)上田佳奈子(明治安田生命)組が1組2着に入り、決勝に進んだ。大石綾美(アイリスオーヤマ)冨田千愛(福井県スポーツ協会)組、角谷真緒(立大)高島美晴(明大)組は7~12位決定戦に回った。

 男子は軽量級シングルスカルの新井勇大(慶大)が8位。シングルスカル準決勝の荒川龍太と桜間達也(ともにNTT東日本)、ダブルスカル準決勝の栗原誠和(明治安田生命)山尾圭太(トヨタ紡織)組はいずれも決勝に進めず、7~12位決定戦に回った。(共同)


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス