芸能・文化

読売テレビ、不適切取材と謝罪 性別巡り報道番組で

 読売テレビ(大阪市)は12日、報道番組「かんさい情報ネットten.」が10日に放送した企画コーナーで、飲食店の客に性別を問い、明らかにしようとしたのは「プライバシーに関する情報について不適切な取材」だったとして謝罪した。

 同社総合広報部は「視聴者、関係者の皆さまに深くおわびします。今回の事態を重く受け止めており、再発防止に向けて取り組みます」としている。

 問題となったのは、お笑い芸人が街中に出て人々の疑問を調べる企画「迷ってナンボ!」。大阪市内にある飲食店の店員の「性別が分からない常連客がいる」という声を取り上げ、芸人が常連客に性別を質問するなどした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス