社会

沖縄・与那国島、土砂災害に警戒 降り始めから450ミリ超

 大雨で冠水した沖縄県与那国町の中心部=13日(同町提供)

 前線の影響で大気の状態が不安定になった影響で、沖縄・与那国島では13日、場所によっては降り始めからの降水量が450ミリを超えるなど猛烈な雨に見舞われた。発達した雨雲は午後には東の海上に抜けたが、雨で地盤が緩んだ地域での土砂災害、河川の増水・氾濫に厳重な警戒が続いた。

 気象庁は発達した積乱雲の下での落雷や突風、急な強い雨にも注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、与那国島の降水量は13日正午までの半日で440ミリ、24時間で450ミリを突破した。気象庁が災害発生リスクを予測する「大雨警報の危険度分布」では島の広い範囲が一時「極めて危険」に区分された。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス