芸能・文化

世界遺産登録目指し古墳群視察 「ハッピーエンドを期待」

 大山古墳を視察する国会議員連盟の伊吹文明会長(中央)と北側一雄幹事長(右)=13日午後、堺市

 大阪府の「百舌鳥・古市古墳群」の世界文化遺産登録を目指す国会議員連盟の伊吹文明会長と北側一雄幹事長が13日、現地を視察した。伊吹会長は視察後「国の成り立ちにとって大変貴重な地域で、(世界遺産登録されて)ハッピーエンドになることを期待している」と話した。

 伊吹会長らはヘリコプターで上空から古墳群を見た後、堺市の大山古墳(仁徳天皇陵)を参拝。古墳群の文化的価値について堺市の職員から説明を受けた。

 議員連盟は超党派の国会議員49人で構成され、2015年3月に発足した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス