経済

スルガ銀、新生銀行と提携調整 出資数%受け入れ軸

 不正融資問題で経営が悪化しているスルガ銀行(静岡県沼津市)が、新生銀行と資本・業務提携する方向で調整していることが13日、分かった。新生銀から数%の出資を受け入れることを軸に、住宅ローンなど個人向け融資での連携も検討しているもようだ。

 スルガ銀は信用力の補完や企業統治の強化が急務で、新生銀との提携で経営再建の道筋を付ける狙いがある。ただ新生銀は、かつて受け入れた公的資金の返済のめどが立っておらず、他の大手銀行と比べ経営基盤は脆弱だ。提携効果には疑問があり、スルガ銀の抜本的な立て直しが進むかどうかは見通せない。


(共同通信)