国際

米大統領、極右の首相を厚遇 ハンガリーのオルバン氏、懸念も

 ハンガリーのオルバン首相(左)とホワイトハウスで会談するトランプ米大統領=13日、ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は13日、「ミスター極右」の異名を取り、移民・難民への強硬策で知られるハンガリーのオルバン首相とホワイトハウスで会談した。米議会では、政権がオルバン氏をホワイトハウスに招いて厚遇することへの懸念が超党派で上がっていたが、トランプ氏は耳を貸さなかった。

 トランプ氏は記者団に「オルバン氏の移民政策は正しい」と称賛し「私と同じように少し議論を呼んでいるがオーケーだ」と発言。オルバン氏は「ここに来たのは20年ぶりで、とてもうれしい」と招待に謝意を示した。

 CNNテレビによると、オルバン氏はオバマ前大統領とは関係が悪かった。


(共同通信)