経済

日産、米国市場不振で57%減益 「販売減少続く」と西川社長

 2019年3月期連結決算について記者会見する日産自動車の西川広人社長。純利益は前年同期に比べ大幅に落ち込んだ=14日午後、横浜市

 日産自動車が14日発表した2019年3月期連結決算は売上高が前期比3・2%減の11兆5742億円、純利益が57・3%減の3191億円で減収減益だった。主力の米国市場での販売が振るわず、環境規制厳格化への対応費用などが増加したため。

 横浜市の本社で記者会見した西川広人社長は、今後の販売について「北米と欧州では相変わらず減少傾向が続く」との認識を示した。

 20年3月期は、売上高を2・4%減の11兆3千億円、純利益を46・7%減の1700億円と見込む。


(共同通信)