経済

東京円、109円台後半 一時3カ月ぶり円高水準

 14日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=109円台後半を中心に取引された。一時は1ドル=109円15銭まで上昇し、東京市場としては2月上旬以来、約3カ月ぶりの円高水準を付けた。

 午後5時現在は、前日比03銭円安ドル高の1ドル=109円67~68銭。ユーロは13銭円安ユーロ高の1ユーロ=123円25~29銭。

 米中貿易摩擦の激化懸念からリスク回避の姿勢が広がり、円買いドル売りが先行。その後、トランプ米大統領が協議の先行きに楽観的な見通しを示したことが伝わると、ドルが買い戻された。


(共同通信)