経済

カネカ、プラごみ対応で投資検討 製造設備の新設、100億円規模

 カネカは14日、海中などの微生物の働きによって自然界で分解される「生分解性プラスチック」に関し、製造設備の新設に100億円規模の投資を検討していると明らかにした。生産能力は年間約2万トンを想定、2020年代前半の稼働を目指す。世界で広がるプラスチックごみによる汚染問題などに対応する。

 14日の決算記者会見で田中稔副社長が公表。ストローなどを扱う企業から需要が増えるとみており、19年度中に機関決定する方針だ。「スピード感を持って取り組まないと需要の急拡大に応じられない」と説明した。

 カネカの生分解性プラスチックは発酵や樹脂加工の技術を組み合わせて開発した。


(共同通信)